◆クラミジアの症状(男性、女性) 性病、HIV、子宮けいがん等の郵送検査キット

クラミジアの症状は?


クラミジアは主に泌尿生殖器に感染し、
その感染数はすべての性病のうちで最も多いと言われています。

男女共に感染しても無症状の場合が多く、
これが、クラミジアが蔓延する要因ともなっています。



<<クラミジアの女性の症状>>

女性がクラミジアに感染した場合、
約80%の女性が、自覚症状が無く気付かないと言われています。


一回の性行為でうつる可能性は約50%!
男性に比べて女性の方が深刻な身体的影響を受けやすいのが特徴です。



◆クラミジア感染に気付かない女性は、

・子宮内膜炎、卵管炎、腹膜炎の発症。
・不妊や、HIVなどの他の性感染症にも感染しやすくなります。
・また、感染したまま出産をすると新生児結膜炎や肺炎、
 又は流産の原因となります。


女性早めに検査.jpg
◆クラミジア感染の可能性がある
 女性の症状

 ・白っぽいオリモノが出た
 ・性交渉時に痛みを感じた
 ・下腹部に違和感を感じた
 ・重い生理痛
 ・生理でもないのに出血した


女性の場合は、
まず膣に感染し、そこから子宮の入口に感染します。
この時、無症状な場合が多いので注意が必要です。





男性と同じように放置したままにしておくと、
子宮、卵管へと広がり膣炎、子宮頸管炎を引き起こします。
子宮と卵管の間が炎症してしまうと、不妊症になってしまい、
この状態になってしまうと治療は難しいです。
早期発見による治療が大切です。



<<クラミジアの男性の症状>>

クラミジアに感染していたとしても男性の約50%は、
自覚症状が無いと言われています。
 
放置し病原菌が前立腺に入ってしまうと
なかなか治しづらい病気に発展してしまいます。


◆クラミジア感染に気付かない男性は、
 
・尿道炎、前立腺炎、副睾丸炎(精巣上体炎)の発症。
・副睾丸炎が左右両方の睾丸に発症した場合、
 不妊症になる危険が高くなります。
・HIVなどの他の性感染症にも感染しやすくなります。


◆クラミジア感染の可能性がある
 男性の症状

 ・排尿時に痛む、しみる
 ・透明、又は乳白色の膿が出る
 ・下腹部、内ももの鈍い痛み
 ・睾丸の腫れ
 ・睾丸・股間の激痛

男性の場合は、
まず尿道から感染します。
感染してから2〜3週間で、
尿道の痒み、
違和感を感じるようになります。

男性も早めに検査を!




また、尿道が赤くなったり、
尿道から乳白色や透明の粘り気の無い膿みが出てくることがあります。

これらの症状は、しばらくすると消えてしまいます。
しかし、症状が消えたからといって治った訳ではありません。

一週間以上放置すると尿道の奥へと移動し、前立腺炎を発症します。
しかし前立腺には痛みを感じる神経が少ないので自覚症状が殆どありません。
さらに治療しないまま放置しておくと「睾丸(卵巣)」にまで感染してしまいます。

そうなってしまうと、
睾丸が腫れたり、触るとシコリのような感覚があったりします。

しかし、痛みも少なく、熱が出たとしても高熱ではないので、
気付かないことが多いようです。

しかし、
次第に睾丸に激痛が走ったり、高熱が出たりする「副睾丸炎」を発症します。
副睾丸炎になると、
精子の通り道が塞がり精子が出なくなってしまう
無精子症による不妊や、前立腺の病気になってしまいます。 

こうなると治療はとても困難になってしまうのです。

今すぐ、クラミジア検査!







posted by 子宮けいがん at 12:51 | ◆クラミジアの症状(男性、女性) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。