. 性病、HIV、子宮けいがん等の郵送検査キット

カンジダが完治しなくて、お悩みではありませんか?


カンジダ膣炎の主な症状は、
おりものの異常と外陰部や腟内の痒みです。

また、

カンジダ膣炎の原因は、
体力の低下や免疫力の低下、妊娠、抗生物質の服用などですね。


性感染症(性病)とは異なり、
性行為が全くなくても発症するのが特徴ですから、
性病だと思って、心配しているのなら安心です。

とはいっても・・・

なかなか、カンジダは完治しない方も多いようです。


カンジダ菌は、
体内に棲んでいて100種類以上ある真菌(カビ菌)です。

消化管、膣や粘膜に生殖する皮膚
(腸の出口、足の指間、手の指間、膝の裏)
下腹あたりなどに症状が出やすく、水虫などもそうです。


カンジダ菌は体内にずっと棲んでいます。
どんな人でも持っています。
カンジダを管理することで健康状態は大きく変わり、
下がっていた免疫力もアップするとされています。


中には危険なカンジタ菌があるので、その菌が血液中に入り
体内に蔓延すると「肝臓がん」に進展することが多いと
アメリカの研究結果でも立証されています。


カンジダ菌の中でもよく女性に起こる箇所は「膣と尿路」ですね。


健康な膣内細菌叢は乳酸菌種で主に構成されていて
ビフィズス菌の量が少ないことで有名です。


膣内細菌叢は、酵母の感染症や尿の健康問題で
免疫力が落ちれば有害な細菌の増殖や酵母が増えていきます。


出来るだけ早く対応し、改善してください。


そこで、あなたの

カンジタは、完治しましたか?


薬局の市販での「塗り薬」・「飲み薬」・「サプリ」の挿入、
病院に通院しての「洗浄」や「膣剤」の挿入で治りますが・・・



処方される薬(抗生物質)などで腸内などの
悪玉菌やカンジダ菌そして善玉菌などを一旦やっつけてしまいます。


身体を守って色んな菌と戦ってくれる善玉菌までも
機能がダメになってしまうことを知ってください。


そうなると免疫力は一気にダウンしてしまいます。



しばらくすると、再発してしまう。



カンジダ菌が大暴れを繰り返してしまう。





そんな経験をしていませんか?





それは、医師が悪いのでもなく、薬がダメなのでもなく
あなたの「生活習慣」や「食べているもの」に原因があるのです。


でも、決してあなたが悪いわけではありません。


「知らないだけ」なのですから・・・・。


食品の成分の見方や意味、
そして腸内菌のこと
生活習慣のリズムの仕組みなどを・・・。



今は一時的な処置で、大丈夫だと思っていませんか?
でも、そのカンジダ菌がどんどん悪さを広げていくと


血液中に入り、体全体へと菌が運ばれてしまい
身体をむしばんでいきます。


決して、怖がらせているのではなく
注意して欲しいと思っているのでお伝えしています。



ここで大切なことは・・・


腸内環境を整えることがカギになります。


なぜ腸なのかというと
体内の免疫力の80%は「腸」が担っているからです。


腸内のバランスを整えること!!


カンジダは、腸をやっつけるので腸を改善するのです。


腸は免疫の80%を占める大事な場所です!



そのようなことを、ご存知でしたか?














posted by 子宮けいがん at 18:32 | . | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。